cu Friend on-line
ハードレインオープンカフェ店主、詢平君が送るSuperPsychedelicな哲学的無駄話…だぜ!
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
cu
ふぅー。蒸し暑ちーなー。
おひさ!
公演が終わって1ヶ月もたっちまった。
なんやかんや考えさせられる事の多かった公演で
ちと、ずーっと考えてたw
過去を振り返る事無く、演劇を続けてきたわけだが
ちょっと振り返ってみたりね。
考えてみると、この前の芝居でプレイヤーズハウス時代のも入れると32回目の公演だってさ。
アホじゃないと出来ねーな。
ここまでアホをつらぬいて来たんだから、一生アホでもいいかな。
考えた末の結論がそー言う事だ。
でも、ただのアホじゃつまんねーし
アホを通り越して利口になっちゃうのをまたまた通り越して、
一周しちゃったアホになんねーとなと思う。

というわけで、今、仲間とともに映画を作ってる。
公演だけでも大変で、そのうえ映画製作なんてふつー不可能なんだが
アホの辞書には不可能という文字は無いというか、
アホすぎて漢字が読めないのかもしれん。
完成した暁にはお披露目すると思うので乞うご期待だ。

話はかわるけど、この前の芝居、セットで生花を使った。
造花より安いからだ。
芝居が終わって捨てちゃうのもアレなのでもらってきた。
家のベランダに置いたら花がみるみるでっかくなる。
うちのベランダ、日当りが微妙に悪いので園芸はあきらめていたんだが
そーでもなかったらしい。
面白いので更に花を買って来てベランダに飾る。そしたら
♥なんということでしょう。
庭

年に数回しか出る事の無かったベランダが綺麗な庭に変わっちまった。
そこに椅子を出して、コーヒーを飲みながらアイデアを考えていると
なんだかいい感じだ。ネガティブな想いが風に吹かれて飛んで行く。
これからは優雅なマイオープンカフェで今後の戦略を練るとしよう。

ところでこのブログだが、一時休止しようと思う。
このブログのあり方を、ちと見直したい。
いつも見てくれてた方々、本当にありがとね。

きっとまた始めるけど、ちょっとだけ休憩します。
それまで
cu!
夢の話
やばい!!
最近、このブログ、なんだかおとなしくまとまってて、つまんねーとの苦情を頂いた。
俺の人格の良さが醸し出されすぎらしい!!!
また、的を得た事ばかり書いててつまんねーとの意見も頂いた。
俺のインテリジェンスが醸し出されすぎらしい!!!!
やばすぎる!! いろんなもんが醸し出されすぎだ!!
詢平君はもっとアホじゃなかったのかぁぁ!!
もっとBad Heelじゃなかったのかぁぁぁ!!
反省だ。

「良い人と思われたい症候群」は新型インフルより危険な感染症だ。
感染しちまったのかな。いやいや、またクレイジーに戻らねば!
あと、批判はコメントに書いていいからねw

と、反省しつつ今回は夢の話。

ストーリーがぐちゃぐちゃな、どうでもいい夢はよく見るが
やたら、はっきりしていて、心に強く残る夢もたまにある。
そういうのは、たいてい起きる寸前の夢。そして、色がついている。
これマジ。

5年くらい前になるけど、不思議な夢を見たんよ。
道ばたに見知らぬ少年が立っている。5.6才くらいかな。
なんだか困っていそうなので声をかけた。
俺「どした?なんか困ってる?」
少年「道に迷っちゃったの。僕、死んでるの。どうしよう、助けて」
んな事言われても、俺も困ってしまったが、かわいそうなのでとりあえず車に乗せて、あても無く走る。
車の中で少年の身の上話を聞かされた。
「誰も僕の事が見えないの」とか「パパもママも僕の事がわからないの」とか..。
少年をなぐさめながら、とにかく車は延々と走り、目の前にでっかい橋が現れた。
その橋を渡って行くと、突如エンスト。
橋の丁度真ん中で車は止まってしまった。
下を見ると鮮やかなブルーに輝く、透き通った川。
振り返ると少年はもういなかった。そんな夢。
あの川は三途の川だったんかなー。

なんだか気になる夢。この夢をもとに台本を書く事にした。
出来上がったのが、今度公演する「サクラのキセツ」だ。

今回、台本も新たに書き直して、さらに良くしたべ。
絶対おもろいので見ないとソンだべ!!
これマジだべ!!

ハードレインオープンカフェ公演
「サクラのキセツ」
5月28日(金)-30日(日)まで
TACCS1179ていう劇場でやってるよー!
くわしくはココ。
サクラのキセツweb

んじゃ、Adios!!
2010/05/15(土) 14:21:01| 未分類| トラックバック:0 コメント:0
ブッチとホタル
たまには、ウチの猫の事書こうかな。
ずいぶん前の記事で、長年の相棒だった猫が死んだ事を書いたけど
実はそのあと、ネコもらってきた。しかも2匹。男の子と女の子の兄妹や。
山梨に捨て猫の里親探しのボランティア団体のLittle Catsてとこがあって
そこからもらってきた。
男の子はブッチ。女の子はホタルと名付けた。
ブログ猫4

ブッチはでかい。腕も太い。表情はとぼけている。猫というより狸に近い。でも優しい。
ブログ猫3

ホタルは細い。顔ちっせ。目クリクリ。美人だ。でもおてんば。超音波みたいな声で鳴く。
ブログ猫1

こいつらが来て、家がパッと明るくなった。
2人、とても仲がいい。何かをコソコソ話しながら、いつも一緒に遊んでる。
不思議な知的生命体。
甘える事、遊ぶ事、食べる事にいつも夢中だ。疲れたら寝るだけ。

ちとうらやましいぜ...。

動物はシンプル。
人に良く思われたいとか、格好つけたいとか、見栄張りたいとか、余計な心が無い。
ただ、自分に正直な心があるだけだ。
動物には履歴が無い。
肩書きは何の意味も無い。
動物は、ただのあるがままの命だ。
だから、いつも輝いているし、なんとも可愛いんだろうな。
人間が大人になるにつれて、可愛くなくなっちゃう人が多いのも、
ここら辺に原因がありそーな気もする。

俳優の訓練法にアニマル・エクササイズてのがある。
動物を観察して、動物になりきり、動物としての動きや鋭い感覚を理解していく訓練だ。
そこで得られたものを人間の役作りに役立てるわけだ。
「ゴッドファーザー」のマーロン・ブランドがゴリラから役を作ったのは有名な話。
うまくいけば、とても役に立つ。
でも履歴を消せないやつ、肩書きを大事に抱え込んでるやつが、
いくらこんな訓練やろうと何の役にもたたないだろうな。
動物を可愛いと思えない人にとっては絶対無駄な訓練でもあるなー。

でも、人間も本来は、ただのあるがままの命。
どんな人でも、子供の頃はそーだったんだ。
ブッチとホタルはそれを思い出さしてくれる、大事な友達だ。
ブログ猫2


んじゃまた。
2010/05/06(木) 00:46:15| 未分類| トラックバック:0 コメント:0
突然、ふぉとしょ教室なのかー?
ひとつの物語から、風景を心に浮かべる。

まずは空。
サクラのキセツ 空

荒涼とした大地。
サクラのキセツ 大地

オンボロ車とスクラップ車
サクラのキセツ 車

お、詢平君だ。
サクラのキセツweb詢平登場

影を加えて、本物っぽく。
サクラのキセツweb影

桜やー!
サクラのキセツwebさくら

色調補正して、タイトルとか入れると完成!
サクラのキセツweb完成

宣伝のつもりはなかったんだが..

もーすぐ公演。今回はこんなんやる。
昔,一度やった演目だけど、大幅に書き換えて新作みたいにした。
くわしくはココ見ておくれー。

んじゃまた。
2010/04/23(金) 22:03:43| 未分類| トラックバック:0 コメント:1
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。