cu Friend on-line
ハードレインオープンカフェ店主、詢平君が送るSuperPsychedelicな哲学的無駄話…だぜ!
200808<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200810
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まぼろしドライブ
ネット友達のRammが「ブログ更新しろー!」とうるさいので、する!
いやー、前回の仕事が終わって抜け殻になってしまったのだ。
祭りの後の寂しさとか言うけど、心に虚無が襲いかかってくる。そんで、バカになってしまう。
俺はまだまだそんなことを繰り返してるんだよな。よーするに未熟者だ。
そーこーしてるうちに次回公演が近づいてくる。
やることはたくさんあり、気ばかりあせるが心の空虚が追い出せない。涙も流せない自分がいる。

だから、上高地に行ってきた。
大好きな道、中央高速を飛ばし3時間。となりには絶世の美女。言うことなし。
ブログ用上高地1

ここに来るのは3回目。祭日でもないので人もまばらだ。静かな時間が流れている。
さすが高地というだけあって、結構寒い。俺、アロハで来ちゃったよ。
仕方がないので車のトランクにあったボロボロのシャツと100円で買ったカッパを着込む。
空は晴天。場違いな姿だ。
ブログ用上高地2

前から歩いてきた女の子が俺を見てクスクス笑っていた。
上高地はふつうカッパでしょ。この初心者め!と、思いこむことにして先に進む。

相変わらず神秘的な風景。どこを見ても絵になる。俺以外はな。
ブログ用上高地3

猿発見!
ブログ用上高地4

どこまでも透明な水と空気。存在感ありすぎの山。ダリの絵みたいに幻のような景色だ。
ブログ用上高地5

でも本当はこの風景こそ太古から変わらない地球の現実なんだろーな。
存在感がありすぎるものを見ると幻想だと思ってしまう俺の心が病んでいるんだ。
金とか地位とか名声とか、そんな実態のないもの、そっちの方が本当は幻だ。
人間の欲望がそんな幻に力を与えちゃって、幻想中心の社会が出来ちゃってるような気がするよ。
ブログ用上高地6

何も言わない山。何も言わない川。ただ黙ってここにある。俺も黙ってここに座る。
なんだか頭を撫でられてるみたいで、ウレシくなる。

一日歩き、日も傾いたので河原で食事。
するとカモが近づいてきて俺の手からおにぎりを奪いやがった。カモは俺の方だったのか!
コイツが犯人。
ブログ用上高地7

今回は日帰り。次は泊まりでまた来ますと上高地の神様につたえ、帰路についた。

みなさんも心が疲れたら上高地はおすすめだ。カッパを着込んでゆっくりと歩いてくれ。晴れててもな!
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。