cu Friend on-line
ハードレインオープンカフェ店主、詢平君が送るSuperPsychedelicな哲学的無駄話…だぜ!
200708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人生オンラインゲーム化計画 その3
色々と忙しくて更新なまけてしまった!すまんの
あ、そーそー、ハードレインオープンカフェのHPに新コーナーが出来たそうな。読むとよろしいかもだ!

しかし、オンラインゲームの話題ずいぶん引っぱってしまったな…。…ま、いいか(=゚ω゚)ノ!!
では、前回の続きから...。


考えてみれば、他のプレイヤー達が現実ではどんな職業でどんな人達なのかわからないなー。
みんな、どんな人生を背負いながらこのゲームをしていたのだろう。
大会社の社長なんて人もいたかもだし、失業中のサラリーマンもいるかもね。
病気の人もいたのかも知れない。老人かも知れないし、テロリストかも知れない。
みんな、自分のリアルについてはあまり語らない。人のプライベートについてもあまり聞かない。
だから知る由もないのだ。
俺はといえば、このゲームを始めた頃、けっこうつらい時期だった。
同じ事の繰り返し、変わらない状況にイライラしていたし、疲れていたのだ。
生きる実感を求め、自分で選んだはずの道なのに、少し迷い始めた頃だった。
そんなときにたまたま出会ったこのゲームに寄り道したのだ。

巨大なモンスターを倒しレベルを上げ、プライドを賭け強敵と闘う。
世界のどこかで今を生きている人と決闘をする。勇気に触れる刺激がそこにはある。
シャドーベインの中では、誰もが冒険者であり、誰もが勇者だ。

シャドーベインの中にも悩みはある。手に入らない装備があるとか、
どうしても勝てない敵がいるとか、ゲームの中で人間関係がうまくいかなくなるときもある。
面白いのはゲームの中で悩むとき、現実の悩みを忘れてしまうということだ。
ログインしたとたん、現実の悩みは消えゲームの悩みがそこにある。
そしてログアウトすると現実の悩みに帰って行く。結果、悩みのうつろいやすさに気づかされる。

悩みを持つということは病気じゃない。それはクイズだ。今、クリアしなければいけない難解な問いだ。
どこかに答えは隠されている。それを教えてくれたのもShadowBaneだった。
ゲームを続けるためにはそのクイズをクリアしていく必要があるわけだ。
悩みを持っているという事に悩み始めると、人は病気になるのかも知れないなー。

このゲームで色々な人達と出会った。何人かは友となり、何人かは敵となった。
だが敵も味方も、別れるとき誰もさよならとは言わない。CUと言う。See youが略されてCUだ。
「また会おう」と言う。
みんな、感じているのだ。もう再び会えないかも知れないということを。だからあえてCUと言う。
このゲームにリセットボタンは無い。時間は現実と同じように進み、やり直しはきかない。
だからこそ、友のみならず敵と過ごすひとときさえ、貴重な瞬間なのだ。
「CU」はゲームの中の合い言葉だ。

バカげた言い方かも知れないが
長くオンラインゲームをやっているともう一つのオンラインゲームの存在に気が付いてくる。
「現実」というゲームだ。
2つはよく似ている。生きた人間との出会いや別れ、そして闘い。
「現実」はよくできたゲームだ。意識と身体は完全にシンクロしているし、スーパー3Dだし。
あんまり良くできているのでゲームであることを忘れてしまう。
自分が冒険者であり、かつて勇者を目指していたことも...。

俺は今、人生をオンラインゲームとして楽しもうと思っている。
その為に名前も変えた。簑田詢平というキャラクターネームを自分に付けた。
そして、ブログもはじめたわけだ。
ハードレインオープンカフェという「ギルド」も作った。
ゲームなんだから何でも出来る。
「現実」というゲームのルールはShadowBaneと同じく「自由」だ。
ShadowBaneのドンファンのように好き勝手に「現実」を楽しむ事に決めたのだ。
なりたい自分になってみるのだ。人がどー思おうと気にしない。
年齢なんて関係ないし社会的地位なんてクソくらえだ。
映画監督にもなってみたい。
自分の書いた「ともだちのち」という台本を映画化するのだ。
というわけで、実はもう撮影は終わってたりする。あとは編集するだけだが機材が無いw
だれかインテルMacを俺にくれ!
オンラインショップもやってみたい。で、始めた。
ネコじゃらし買えっての!
まったく違う分野のアーティストとのコラボレーションもしてみたい。
目を付けている人がいる。近いうちに電話してみよう。

これが俺の「人生オンラインゲーム化計画」だ。

現実というゲームの中で、俺はこれからも色々な人と出会うだろう。
おっくうがるのはもうやめたのだ。
このゲームにもリセットボタンは無い。だが、それを怖れるのももうやめだ。
「一期一会」はゲームのルールだ。だから面白いのだろう。
そして、このゲームの合い言葉もシャドーベインと同じだ。

                CU!
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。